読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のこっとの映画記録。

ジャンル問わずになんでも見ます。語彙力が低いです。洋画の方が好きかもしれません。Johnny Depp贔屓で見ているJohnny Depp大好き女です。

『ラ・ラ・ランド』で気分はルンルン

3月6日(月)11:50〜TOHOシネマズ福岡にて2Dで鑑賞。公開から10日くらい経っていました。平日のこの時間帯で、そんなに人は多くなかったかな〜という感じでした。

 

今年の劇場映画4本目です。3月に入ったのにまだ4本目です。今年の目標達成できそうにないんですけど。ぼちぼち映画館へ足を運びたいと思います。

 

映画について

gaga.ne.jp

原題:La La Land(2016年米)

監督:デイミアン・チャゼル

製作:フレッド・バーガー、ジョーダン・ホロウィッツ、ゲイリーギルバート、マーク・プラット

出演:ライアン・ゴズリングエマ・ストーン

夢を叶えたい人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミアは女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末の店で、あるピアニストの演奏に魅せられる。彼の名はセブ(セバスチャン)、いつか自分の店を持ち、大好きなジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合う。しかし、セブが店の資金作りのために入ったバンドが成功したことから、二人の心はすれ違いはじめる……。

          ーGAGA公式HPより

 

アカデミー賞

今回のアカデミー賞はこの作品が総なめということもあって、日本でも大売り出し。ゴールデングローブ賞の発表あたりから注目作品として押し出されていましたね。というわけで、アカデミー賞受賞部門ごとにそれぞれの部門から見たこの映画の感想を書いていこうかなと思います。

主題歌賞・作曲賞

主題歌賞では、Audition(The Fools Who Dream)とCity of Starsの2曲がノミネートされて、City of Starsが選ばれた。作曲賞ではジャスティン・ハーウィッツ(Justin Hurwitz)が選ばれた。ハーバード大学で作曲と管弦楽の編曲を学び、2008年に卒業する。在学中に知り合った、デイミアン・チャゼルの監督デビュー作「Guy and Madeline on a Park Bench」(09)の作曲を手がける。2014年にはチャゼル監督の「セッション」の作曲を担当し、グラミー賞にノミネートされる。

予告でさんざん流れている曲Another Day of Sunではないんですね。主題歌はAuditionなんだ。ということをここで知りました。確かにどれも流れていくる曲は良かったな〜。なんだか耳に残る。

撮影賞と美術賞

すみません。省略させてもらいます。が、全体的な色合いなど、非常に綺麗だったのも撮影と美術ありきのことだろうなと感じました。

主演女優賞

エマ・ストーン:11歳の頃から地元アリゾナ州の劇団や即興劇のグループに所属し、2005年にTVドラマで女優デビュー。07年の「スーパーバッド 童貞ウォーズ」で映画に初出演して以降、「ゾンビランド」(09)などで注目を集め、「小悪魔はなぜモテる?!」(10・日本劇場未公開)で初主演を務める。「ラブ・アゲイン」や「ヘルプ 心がつなぐストーリー」(ともに11)でも好演を見せ、「アメイジングスパイダーマン」シリーズ(12、14)ではヒロインのグウェン・ステイシー役を演じ、主演俳優のアンドリュー・ガーフィールドとの交際でも話題を呼ぶ。14年の「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」でアカデミー助演女優賞初ノミネートを果たす。ウッディ・アレン監督の「マジック・イン・ムーンライト」(14)と「教授のおかしな妄想殺人」(15)の2作連続でヒロイン役を務めた。ミュージカル映画ラ・ラ・ランド」(16)で女優志望の主人公を演じ、ベネチア国際映画祭の最優秀女優賞や、アカデミー主演女優賞など数多くの賞を受賞する。

 

美しいですね〜エマストーン。ララランドにぴったりだった。ワンピースがすごく似合う!色合いもすごく良くて、それが彼女にぴったりだったなぁと思います。

監督賞

デイミアン・チャゼル:名門ハーバード大学在学中に卒業制作としてミュージカル映画「Guy and Madeline on a Park Bench(原題)」(09)を監督する。大学卒業後、高校時代の実体験をもとに、若きドラマーと鬼教師の物語「Whiplash」の脚本を執筆。同作にほれ込んだジェイソン・ライトマンのもとで短編映画化し、サンダンス映画祭アメリカ短編映画審査員賞を受賞する。これを足がかりに自らのメガホンで「セッション」(14)として長編映画化。サンダンス映画祭でグランプリと観客賞に輝き、第87回アカデミー賞でも3部門を受賞、自身も脚色賞にノミネートされた。続くミュージカル映画ラ・ラ・ランド」(16)は、第89回アカデミー賞で作品賞・監督賞・脚本賞を含む14ノミネートを記録、史上最年少32歳39日での監督賞受賞を果たしたほか、6部門で受賞した。そのほか、映画「グランドピアノ 狙われた黒鍵」(13)、「10 クローバーフィールド・レーン」(16)の脚本を担当している。

クローバーフィールドもなんですけど、セッションも。どうしても私に合わない映画なんです。なんでだろうなんでだろう。って。物語の中に入り込むことがどうしてもできない映画で、「あ、私は客観的に見ているな」っていつも思ってしまう。それが映画の良し悪しの判断基準ではないかもしれないけれど、私の好みではなくて、もう少し何かぐっと心の中をつかまれるものが欲しい。

 

最後に宇多丸さんの映画評

www.tbsradio.jp

いつもやはり宇多丸さんの知識の量すごいな〜って感心しながら自分ももっと映画を見ようと思わされます。

でに可能性が閉じられた地点から、開かれていた時点を振り返って、「こういう可能性もあった、こういう可能性もあった」と、それを振り返る、切なく思う。でも、同時にそれは、唯一選ばれた可能性である今ここにいる自分、いまここに至る自分の人生。つまり、自分固有の人生のかけがえのなさ、愛おしさというものを際立てもするということですね。

 と彼は言っていましたけど。この1人の人生の話としては、その通りで、非常にうまく描かれていた作品なのかもしれない。ただ私は、この主人公2人の物語として見ると、なにかさみしい気持ちでならなかった。タイミングって大切だし、より一層現実見せられたし突きつけられたと思ってしまう。それがミュージカル映画だったから私はなおさらショックが激しかった。夢を見させてくれる映画であってほしかった。ただそれだけかもしれない。でも、非常に考えさせられる映画でした。